スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大室山の山焼き

春を告げる大室山の山焼きは今年2月14日に開催の予定でした。ところが天候不順が続き2週間(2回)順延になってしまいました。28日(日)が3回目の実施予定です。諺に「2度あることは3度ある」が当れば、又々順延となります。一方「3度目の正直」であれば実施となります。皆さんはどちらと思いますか?
これからが本題です。この2つの諺を英語で表現して下さい。実は私自身良く知りません。おしえて下されば幸いです。(ISGG 小西)
スポンサーサイト

コメント

No title

web制作の嶋貫です。
諺では有りませんが3度目の正直は英語では2度の失敗を繰り返した人に、The third time is when you will succeed.(3度目には成功しますよ)と励ます様な表現やI’m sure the third time will be lucky.(3回目にはうまくやるぜ)みたいな使い方が有りますね。
またWhat happens twice will happen thrice.(2度起きた事は3度目も起こる) Bad things come in threes.(悪いことは3つ一緒にやってくる)という表現も使われます。
尚ウェブ制作に関して皆様からのご意見やご要望が有りましたらご連絡下さい。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。